六道の心の世界と幸せへの道しるべ


天道


人間道


修羅道


鬼畜道


餓鬼道


地獄道




この焼け死にそうな心身の痛みは魂の叫び



六根清浄六道輪廻六観音



この心の世界をフリーダイブしてるが、かなりキツイ〜〜ん、ぎゃ〜!!!涙汗



スクイズ(肺が圧縮して壊れること)の危険性もあるので、絶対にバディが必須の世界でんな




びっくりしたんだけど、なんと遺産相続争いの戦争で家族がバラバラになったことで親や金を憎んでいるとか、反抗期のように歯向かっている思いきや、



魂は、「親の仇打ち」をしようと世界に向かって怒り叫んでいたのだった



わたしの親の人生は無駄じゃなかったんだって



わたしの親は側からみたら社会のどこにも属する場所がない異端児みたいな感じに見えてたかもしれないけど、死ぬほど勇敢な人だったんだって



だから死ぬほど悔しかった



自分の力ではどうすることもできない、理不尽とも思える災害とか戦争とかそういう手出しのできないことに対しての無力感と喪失感と情けなさのような打ちのめされた感覚と巨大な津波のように襲ってくる強烈な憎しみ



誰のせいでもないことへの当たりどころのない心の叫び



みんなで許せないって嘆き悲しめればよかった



けど、それを人間は抱え込んでしまった




壮大なスケールの話だ



ただ、一緒に枯れるほど泣きわめければ良かったんだな



死ぬほどきついけど、愛に触れる瞬間が何度もある



奥底にタッチすればするほど、世界が愛おしくっていっている気がする



わたしは30歳でこの調整ができて幸せなんだと思う



やっぱりわたしはきっと幸せなんだと思う