ブッタがつくってくれた安楽浄土


最近もっぱらブッタさんのお話を聞きなはれ〜と言われてる感じなんで、今までなんとなーく聞き流してましたが、もうちょっと?ちゃんと聞きたいなぁと思います。



今宵は雨です。



わたし、雨の日大好きです。



浄化の雨♩浄土の雨♩



わたし自身、コンサル時代に設定していた使命は、



コンサルタントが安心して現場で自由に本来の力を表現できる土壌をつくる」



これは、絶対の絶対のテーマでした




死ぬまで変わらないテーマです。




これって正に、ブッタさんがやってくれた極楽浄土の開拓。




ブッタさんがすごいのは、「万人を救う」という点。



死ぬまで凡夫のわたしら人間を、絶対の絶対に必ず救うって言ってるとこが、「なんちゅーこっちゃ!?」「どんだけすごいねん!?」って話です。




そんなブッタさんのこと、わたしは日本にいながらにして、ほとんどお話を知らない。



うん、わかったつもりで生きてました。




こんな師匠がいたなんて、、、



てことで、現実と照らし合わせながら、少しずつブッタさんのお話を楽しく聞くことにします。



つまるところ、みんながみんな、自分の信じるやり方で極楽浄土の道を切り開いてるんですね。



日本人て、、、めっちゃすごくない!!??



だから、



「人が安心して自分の現場で楽に呼吸できる世界をつくる」



をテーマにやっていきます!



とりあえず今日目に止まった「親鸞」を読むよ〜〜めっちゃ久々の小説でテンション上がる!!