産まれてくること


わたしなんかが産まれ出きてごめんなさい


何の価値もない何もない何もできないわたしが産まれてきてごめんなさい


迷惑かけて、ダメなわたしてごめんなさい


生きててごめんなさい


一生懸命頑張ったけど、どうにもできなかった


あなたを喜ばせれなかった


わたしが頑張ったら、参観日に来てくれて、後ろで見守ってくれるんだって信じてた


わたしが頑張ったら、あなたが笑顔になって誇らしげに喜んでくれて、わたしもあなたも幸せになれると、ただ信じていた


迎えに来てほしかった





そう、


生きてるだけでわたしはとっくに人にたくさん迷惑かけてきた


今さらと言えば今さらだ


わたしには親をもらえる資格がないんだと思ってた


産まれながらにして負債だらけで、親の重荷だから、せめて家に置いてもらうために、頭下げないといけないと思ってた


親に養ってもらうのも申し訳なくて


学校に入れてもらうのも申し訳なくて


会社で雇われるのも申し訳なくて


人からやってもらえばやってもらうほど、親切に優しくされれば優しくされるほど、怖くて、返しきれない負債がたまっていくようで、自分の無価値感に耐えきれなくなっていった


何ももらわない方が楽だった


全部自分でやる方が気が楽だった


投資グセというか貢グセが小さい頃からだった


お金を受け取るのが苦手で、いくら稼いだって、給料明細すら見れなかった


他人の決算書はいくらでもみれた


単なる数字としてみれたけど、自分のはちがった


いくら振り込まれてるかもわからないまま、何年も働いた


ただ口座残高があって毎日ご飯たべれて、怒鳴る人もいなくて、やりたい仕事できたらそれで良かった


その方が仕事に集中できるから楽だった


男性に頼らずに生きていけるのが安心だった


ペイペイの時までは


昇進が耐えきれなかった


また養ってもらう怖さが出てきた


わたしみたいなマイナスの負債が、生きててごめんなさい


ロスタートじゃなくて、いつもマイナススタートだった


必死で埋めようとしてた


与えられる生産的で創造的なプラスの人になりたりたくてマイナスを挽回したかった


そしたら誰かに生きてていいよって言われてるみたいだった


お金の残高とかみちゃうと、それが自分の価値と錯覚するから怖かった


会社からもらったお金を持つのが汚く感じて全部ドブに捨てたくなった


使い切ったら綺麗に掃除した気分になった


とにかく受け取れば受け取るほど、借りができてしまうのが怖かった


トレードオフの概念が働き、返しきれない負債が溜まり、自分の無価値感に押しつぶされそうになった


お金そのものの価値と自己価値が重なりすぎていた


きっと、借りたら返すというのが強くあった













気づけば秋も終盤、落ち葉の道


先日は、紅葉みてない!!



と思い、おそばせながら、南禅寺まで歩いてきました。



まだ観光客はたくさんいましたが、京都の道路は落ち葉で埋まっています



秋も過ぎたのだなぁと、月日の流れる速さをしみじみ、、、



日本人は、四季を経験しているせいか、過ぎ去るもり手の内から離れていくものを、微かな心の痛みと共に見送ることが習慣になっていて、それがカルチャーに根強く染み付いているように思います



人間であることを受けいる痛みをちゃんと感じておく



行き過ぎた合理主義や金を利かすだけの世界では、この痛みはすぐに避けられるので、それをジカに感じて生きている日本人は、やはり長い目でみると生命力は強いように思います



死ぬなんて怖くない、どうせ死ぬんだから、時間があるうちに生き抜こうとわき目も振らず生きてたときは、本当の死と対峙できていなかった。


死ぬのが怖いって本当に思ってたのか


生きることにしがみついてたのか


と、思い知らされる



あわてて準備できることではないな



じっくりじっくり準備していけばいいのだろうか



よくわからないが、手に入れて、手放して、手に入れて、手放して、を繰り返すことで、生きることへの執着を手放しているのだと思う。



本当の死と対峙する準備をしている気がする



わたしは死に際に何を思うのだろうか



みんなの笑顔が浮かぶといいなぁ









誕生日の夜


もう誕生日とか言ってられない毎日ですが、




一応、いつもお世話になっているお店で、きっと和食なら京都一美味しいと自分が思う場所で、食事をいただきました。




いつもいるスタッフの方が一人もいなくて、少しおどおどしてしまいましたが、すごく美味しかったです。




食べていて思うことは、今年一番お世話になった方のことでした。




ムカつくとこいっぱいあるんだけど、それでも逃げずに向き合ってくれる方でした。




一緒に何かを作る人との関係は、こんなもんなのかもしれない。




犬猿の仲って感じになるのだろうか。




ムカつくも全部ふくめて、かわいいとこあるんだよなーってなる。




頭なでなでたまにしたくなる。




けど、ちょっとくらい優しくしてよね。




わたしも、ちょっとくらい優しくしてやるか!




そんなことを思ったオーバー30の誕生日であった。はははっ





今日の調整

一週間にたった50分なんだ。

もどかしいのだ。



死の恐怖からはデータでかすぎて入れなかったので



リスペクトから入った。



表裏一体の自殺と共に。



つまり、

「リスペクト」と「心の声を殺すこと」は対なのだ。



敬意とは、自分に素直になるということになる。



そして、「自殺」からも入れなかったので



一段下の「見捨てられる恐怖」。



これと「お金のトラウマ」を切り離ししかたかったので次回もここからである。



これが完了すると、再び一段上がって「自殺」から入りたいのだが、



今日のセッションの感じからすると、



やはり裏表の境目がわたしにはわからないようなので、



自殺がら入れなかったら、今日のリスペクトのように表面から攻めていくのがいいように思う。



だって、裏表のバランスで調整が進むとしたら、



裏から調整やりすぎてるので、表の最高の言葉は「愛」になる。



だから、「愛」「光」「敬意」を光らせれば、



「自殺」の門が開くのではなかろうか。



愛の力が勝れば、「心を殺す」なんてことはしなくて済むのではないか。



なんとかこの壁を打破してみよう。



信じて試してみよう。



ああ、明日が誕生日だなんて。。



今年もみんな平和で元気に駆け抜けれますように。



みんな、愛してる。















父親と本気で対立する


父親のこと、本気で勇気のある人で、すごい人やと思ってるからこそ



手加減抜きで本音でぶつかってんだよ



でないと相手に失礼だよ



養ってもらってるからとか、それすらも言い訳にしたくないから



金を言い訳なんかにしたくないから、



それをしたら、それこそ父親より金を選んでるってことになるから



わたしは、父親の命と真剣に向き合ってんだよ



恐さを振り払って



母親がやらないから、ずっと逃げて言い訳ばっかりして、周りに依存ばっかりして汚いやり方ばっかりするから、



わたしは、あのクソ親父と命がけで対峙してんだよ



大人になったら誰も叱ってくれるやつなんかいないんだよ



自分の親が認知症になって病院に入院するとうすうすわかってても、みんなほったらかしなんだよ



介護になる前に、できることあっても、みんなしないんだよ



こんなにエネルギー使うこと、誰がすんだよ



大半は、どうでもいいと思ってるから、いちいち嫌われることなんか勝手でないんだよ



怒らせたなら、それはわたしの勝ちだ



怒りたくなる痛いことだっていう



本気で愛がないとできない



本気で相手の可能性とか信じてないてできない



自分が稼げるようになってから言うのは簡単



稼げない身で、社会的には下の立場で、それでも堂々と本音ぶつけるのは、それだけ本気で思ってるからだ



深い愛がないとできない



おまえにこれができるのかって、母親に言ってやりたい



ザコン野郎なんて糞食らえ



勝手に死んでろって思う



人間は、こうやって這いつくばって生きてんだよ



手抜きばっかりしてるやつに言われたくない



結局、子供に逃げて父親と向き合ってこなかったクズどもに言われたくない



自分の親に刃向かえて、初めて一人前なんだよ



何もない状態でも、何のステイタスも金もない状態でも、親に真正面から食いかかれるだけの強さがあって、初めて人間として一人前になるんだよ



今日はカキフライ食べて幸せだったけど、またまた脂っこさに気持ち悪くなってしまった。。





何の修行やねん!!




明日も、夜は外食と決めた



三連ちゃん。これも自分なりのケジメなんだ。







まじポリープできるわっ!


環境を変えるってある意味簡単



自分の信念とかさっさと捨てて放浪すりゃいい



環境変えずにその場でじっと嵐が過ぎ去るのを待って待って待ち続けるのは、心底辛い



命がけだ。



命がけで、身を削る思いで生きるのだ。



苦しいけど、誰にも恥じる生き方はしてない。



親にだって恥じる生き方はしていない。



必死で、飯食っていくために



必死で、いいものを創って、お客さんに喜んでもらって、そのありがとうで自分の胃袋を満たすために、考え抜いて生き抜いてきた



誰にも文句を言われる筋合いはない。



自分のケツに火も付けるのは自分の役目だ。



誰が命がけで叱ってくれるんだ。



自分の情熱を、自分の心を、蔑ろにした無様な生き方して、そんな生き様、他人にみせてくるな



邪魔で迷惑でしかないんだよ



死にたきゃ、おまえ一人で死ね



一生懸命生きてる他人を邪魔するな



わたしは自分の命を、自分の心を、守り抜く義務がある



誰にも奪われるわけにはいかない



死守する



マジきつくて、ポリープやわっ!!笑



吐きながらでも、うまいもん食って自分に褒美をやろうぜ。



頑張ってる自分に。











穴がでかすぎたがら、愛と光 をまずわね。


まずは、愛と光で、掘りすぎだ穴を満たして一息入れよう。


でないと、すぐにゴミデータで埋まる


一息、一息、一休み、一休み、、